歯茎の下がりや知覚過敏をカバーできる治療はありますか?

歯茎の下がりや知覚過敏をカバーできる治療はありますか?

2018年01月30日 | FAQ

歯茎が下がりかなり歯が見えてる部分が知覚過敏で特に冷たいのがしみます。
歯茎の下がりを埋める?目立たなくする?膜を張る?なんと言えばいいか難しいのですが…そういった処置や知覚過敏をカバーできる治療はありますか?

【回答】 ( 1 )

  • はじめまして、やすひろ歯科クリニックの院長の北野 やすひろです^^。

    御質問ありがとうございます。 

    さてさて、今現在??歯茎が残念ですが、下がってきて今まで隠れてた部分が出てきはって、しみてはるんだと思います。

    さて、下がり具合にもよるのですが、目立たなくすると言うか、しみない様にするにはいくつかの方法があります。

    一つは、歯ぐきの移植術ですね、これは上顎の歯ぐきの分厚い部分を切って、下がってきになてる部分に移植する治療法ですね。

    もう一つは、下がってる部分に保険適応のレジンというプラスチックを詰めていく治療法。

    もう一つは、仰せの様に人工の歯周組織再生剤を使って、歯ぐきを移植する方法ですね。

    後は、歯ぐきを移植せずに、歯茎でカバーする方法です。

    しかし、出来る場合や、お金がかかってくるので、・・・。

    聞きたいことがあれば、何でも聞いてくださいね^^

    やすひろ歯科クリニック 北野 やすひろ

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

よくある質問集 歯科ブログ

医院案内
〒675-0032
加古川市加古川町備後5-4
TEL:079-456-0823
FAX:079-426-0388 診療時間 9:00~13:00/15:00~18:30 休診日
木曜・土曜の午後/日・祝日

医院までの地図

診療カレンダー

診療カレンダー