差し歯とラミネートベニアのメリットとデメリットは?

差し歯とラミネートベニアのメリットとデメリットは?

2011年10月27日 | FAQ

ラミネートベニアは歯茎が黒くならないですか?? 差し歯とラミネートベニアのメリットとデメリットは何がありますか??

【回答】 ( 1 )

  • ラミネートベニアは、歯茎が黒くはなりませんよ(*^_^*) 

    差し歯とべニアの違いは、大まかにいうとべニアは女性のまだ流行ってるかもですが、つけ爪やウィッグみたいなものだと想像してください。

    ただ、歯を何ミリか削らないといけないのがデメッリとですが、たくさんの量を削らずにすみますんで綺麗になりますのでメリットともいえますね。 

    差し歯のメリットは形をきれいにできる場合や色をガラッと変えたい場合には有効ですね
    デメリットは、削る量が多いということになります。

    歯茎が黒くなるのが嫌な方は、オールセラミックやジルコニアを使った差し歯が有効です。 従来からのメタルボンドは、金属を使うのでどうしても経年的に歯茎が黒くなtったりする傾向が強いですね。。

    ですのでどちらも一長一短で沢山削りたくないけど色を白くしたい場合はべニアで
    削っても形や出っ歯の具合や歯並びも少しは治したいというかたには、差し歯のほうが有効ですね。 

    この辺は、今主治医の先生がいてはるんであれば、よく相談されて治療に当たられることおすすめしますね。

    やすひろ歯科クリニック 北野 やすひろ

現在、この記事へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

よくある質問集 歯科ブログ

医院案内
〒675-0032
加古川市加古川町備後5-4
TEL:079-456-0823
FAX:079-426-0388 診療時間 9:00~13:00/15:00~18:30 休診日
木曜・土曜の午後/日・祝日

医院までの地図

診療カレンダー

診療カレンダー